家庭教師の言葉遣い


大学生に人気アルバイト、家庭教師。 いま、男女の性別を問わずにこのアルバイトが大人気なんです。 日程調整がとても簡単でシフトの組みやすさや人に教える事によって自分自身の経験値がぐっと上がる、といった事から将来的に教師として働きたいと思っている人や、 社会勉強の一貫としてこのアルバイトを始める人がとても多いのです。


このアルバイトを現在している、あるいはこれから行いたいと思っている自分よりも年下の子どもたちに勉強を教えるにあたって、どのような言葉遣いでこのアルバイトに挑めばよいのか悩んでいる人がとても多いというのも現状です。 では、どうしてこんなにも家庭教師というアルバイトは言葉遣いに悩まなければならないのでしょうか?


一般的なアルバイトでは、基本的には敬語で話していれば問題がないのですが、このアルバイトでは少し事情が違います。 このアルバイトでは、自分よりもはるかに年下の子供たちに勉強を教えることになるので、敬語を使いすぎてもよそよそしい印象を与えてしまいます。 このことから、状況に応じて言葉遣いをうまく使い分けることのできるコミュニケーション能力がこのアルバイトではとても大切であると言えるでしょう。