言葉遣いの悩み


家庭教師のアルバイトを行うにあたって、言葉遣いをどのようにすればいいのか、と悩む教師がたくさんいます。 自分よりもはるかに年下の子供たちに向かって話す仕事であるこのアルバイトでは特に、年下に向かってどのような言葉遣いをすればいいのか悩む人がとても多いのです。


では、この悩みのタネである言葉遣いに関して、どのようにその悩みを解決していけばいいのでしょうか? この事は、ずばりコミュニケーションで解決する事ができます。 生徒である子どもたちの性格のタイプから言葉遣いを考える事がベストであると言えるのです。


たとえば、生徒の中には先生と積極的に会話してコミュニケーションをとりたいと思うタイプと、あくまで先生と生徒の関係を崩さずに私語をなるべく少なくし、 あまりコミュニケーションを好まないタイプなどがいるのです。 このように、何度か会話をしたり、その生徒の雰囲気から性格タイプを考えて、それにあうように自分の言葉遣いを変えていく、 というのが一番適切であると言えるのです。 もちろん、生徒の親御さんには敬語を一貫して使う事が当然となりますが、向き合っていく生徒の性格に言葉遣いを合わせれば、トラブルなくスムーズな人間関係が築けるでしょう。